会社沿革

「受賞・出展・パートナーシップ」はこちら

1970年代 1974年7月 資本金200万円で、伊丹市伊丹1丁目に設立
1977年 伊丹市中央6丁目(第百生命ビル)に移転
1978年 4ビット、 8ビットプログラムデバッガー開発
1980年代 1980年 資本金1,000万円に増資
リアルタイムOSとマルチバスを応用した半導体工場向けシーケンサの開発、量産化
1984年 資本金2,500万円に増資
本社社屋(現在地:伊丹市西台3丁目)完成、移転
汎用高速メモリテスタ開発、量産化
1986年 資本金4,000万円に増資
1988年 資本金5,000万円に増資
半導体試験用ハンドラ制御装置の開発、量産
1989年 CIMカードシステム開発、量産化
1990年代 1992年 本社隣に開発センター増築
1995年 阪神・淡路大震災により社屋外壁損傷(3日後に業務再開)
半導体ウエハテスト工場(国内)向けインクレスシステム開発
1996年 半導体ウエハテスト工場向け薬液用ポンプコントローラ開発
1998年 車載LANシステム開発着手
1999年 CAN通信用ツール開発着手
フラッシュマイコンプログラマの開発、量産開始
2000年代 2000年 LIN通信アナライザ開発、量産開始
2002年 小型インサーキットエミュレータ開発、量産開始
半導体ウエハテスト工場(海外)向けインクレスシステム開発
2005年 名古屋事業所(名古屋市中区)を開設
2009年 東京オフィス(東京都中央区)を開設
2010年代 2010年 東京オフィスを名古屋事業所に併合
戦略的基盤技術高度化支援事業【研究加速枠】
「1線式デバッグインターフェースに対応した組込みソフトウェア支援ツールの開発」採択
半導体工場向け設備保全業務支援システムの開発に着手
2011年 熊本技術センター(熊本市中央区)を開設
統合開発ツール「MicroPecker®」販売開始
2012年 戦略的基盤技術高度化支援事業
「レアアースレスモータ制御のためのソフトウェア実装研究」採択
MGマイコンスタータキットを販売開始
半導体工場向け設備保全業務支援システムのサービスを開始
2013年 サウンドマネジメントツールを販売開始
2015年 次世代車載LAN通信規格《CAN FD》通信評価ボードを販売開始
AUTOSAR準拠オールインワンフレームワーク「CioRy®」の販売を開始
2016年 名古屋事業所(名古屋市中区)移転
CXPI通信評価ボードを販売開始
モータ制御ソフトウェア開発支援ツール《Smart-HILS》を販売開始
「CioRy®」のRH850/F1L対応版を販売開始