Automotive Networks

auto_network

私たちサニー技研の車載ネットワークへの取り組みは、CAN、LINに対応するアナライザ、RAMモニタや車載通信ミドルウェアなどの開発からはじまり、Safe-by-Wire、FlexRay(※1)、といった車載ネットワークの研究開発を経て、現在ではCAN FD、車載Ethernetといった次世代の車載ネットワークへのアプローチを進めています。

車載ネットワークに対応したサニー技研のテクノロジは、パワートレイン系、ボディ系、シャーシ系、安全系にいたる車載ネットワークソリューションにこれまでも数多く採用されてきました。

今後、さらに先進運転支援システム(ADAS)、セキュリティ、IT融合などで車載ネットワークは増々重要な位置づけを担うようになってきております。

サニー技研のAutomotive Network Technologyは、
・各種車載通信プロトコルを備えた評価ボード
・ECUのテスト・適合評価支援ツール
・AUTOSARに準拠した車載通信ミドルウェア開発
・ECUのテストを行うコンフォーマンステストシステム
の企画・設計・開発・サポートを通じてお客様のニーズにお応えするとともに、お客様にご満足いただける車載ネットワークソリューションを提供します。

(※1)FlexRay
FlexRay通信はFlexRayコンソーシアムにより仕様策定された、先進自動車アプリケーション向けの通信規格です。
サニー技研は、2005年から、名古屋大学 情報科学研究所、株式会社ヴィッツと共同で「オープンソース FlexRay通信:TimeTriggered OS(TT-OS)とFlexRay通信ミドルウェア」の研究開発に取り組み、第8回 LSI IPデザイン・アワード、 企業部門での最高の賞であるIP優秀賞を受賞いたしました。

 

Automotive Networks Solutions || Automotive SystemsAutomotive Systems