株式会社サニー技研 > Freescale Technology Forum Japan 2014出展のお知らせ
Freescale Technology Forum Japan 2014出展のお知らせ

2014年12月4日に開催される「Freescale Technology Forum Japan 2014(FTF Japan 2014)」に出展します。

※台風18号の影響により、10月6日(月)の開催は中止となりましたが、12月4日(木)に会場を変えての開催となりました。

 

名称 Freescale Technology Forum Japan 2014
開催日 2014年12月4日(木) 10時~18時30分 (受付開始:9時)
会場 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
アクセスについてはこちらをご覧下さい。
主催 Freescale Semiconductor
参加費 無料(事前登録制)
事前登録はこちらよりご登録ください。

 

サニー技研は、Freescale製マイコンQorriva(MPC5777M)を活用した車載向け組込み開発の最先端ソリューションをFreescale Technology Forum Japan 2014(FTF Japan 2014)へ出展します。

次世代車載LAN通信規格のCAN FD(CAN with Flexible Data Rate)や、TOPPERS/ATK2 OSに最適な開発環境を、サニー技研はハードウェアとソフトウェアの両面で皆様へご提案します。
ご来場の際は、是非サニー技研のブースへお立ち寄りください。

FTF2014へのご参加は、事前登録いただければ参加費は無料です。
FTF2014のご登録は、以下のバナーからどうぞ。

FTF2014_Regist

 

出展概要

CAN FD Starter Kitのご紹介

次世代車載LAN通信規格のCAN FD(CAN with Flexible Data Rate)に対応したFreescale製マイコンMPC5777を搭載した評価ボード《S810-TPF-F7》を出展します。
CAN FD送受信のためのサンプルソフトウェアや、CAN FD簡易バスモニタをバンドルしておりCAN FD通信の検証・評価・学習に最適なオールインワンキットとして初公開します。
MPC5777搭載評価ボード《S810-TPF-F7》によるCAN FD通信のデモ展示を予定しておりますので、CANと比較したCAN FDの通信速度の違いをご体感頂けます。

S810-TPF-F7

 

TOPPERS ATK2 Starter Kitのご紹介

AUTOSAR OS仕様をベースとした車載組込みOS TOPPERS/ATK2(Automotive KernelVersion 2)をFreescale製マイコンMPC5777にいち早くポーティングしました。
Freescale製マイコンMPC5777搭載評価ボード《S810-TPF-F7》と合わせて検証や評価に活用できるスターターキットとして出展します。検証、評価に最適なベンチ用サンプルアプリケーションが付属します。

 

Freescaleマイコン対応MicroPecker RAMモニタのご紹介

小型・軽量でご好評のMicroPecker RAMモニタがFreescale製マイコンMPC5777に対応しました。
Freescale製マイコンMPC5777を搭載した評価ボード《S810-TPF-F7》と組み合わせた開発環境をトータルにご提案します。
他にも、Freescale製マイコンS12 MagniV対応MicroPecker RAMモニタを参考出展します。

 

モータIPソリューションのご紹介

永久磁石同期モータ制御をハードウェア(FPGA)で単独実行できるIPを匠ソリューションズ株式会社と共同開発し、次世代 量産EV&HEV用モーター制御をハードウェア化したものを参考出展します。
平成23年度 戦略的基盤技術高度化事業(経産省)における『レアアースレスモータ制御のためのソフトウェア実装技術の開発』の成果を実用化したものになります。