株式会社サニー技研 > 第10回カーエレクトロニクス技術展/サニー技研製品展示のお知らせ
第10回カーエレクトロニクス技術展/サニー技研製品展示のお知らせ

第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~において当社パートナー企業の菱電商事株式会社様のブースにて当社関連製品を出展します。

名称 第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展
http://www.car-ele.jp/
開催日 2018年1月17日(水)~ 2018年1月19日(金)
会場 東京ビッグサイト
http://www.car-ele.jp/To-Visit/Venue-Info-Access/
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
小間番号 [E51-48]菱電商事株式会社様

 

サニー技研展示概要

車載LANデモ

S810-CLG5-F1K Board

サニー技研製RH850/F1K評価ボードと通信ソフトウェアCioRyを組み合わせた、CAN通信、CANFD通信、LIN通信によるモデルカーの制御デモを行います。
また、CANFDアナライザのプロトタイプによるモニタを実施します。

CioRy 通信ミドルCAN FDパッケージの製品情報ページはこちらをご覧ください。
RH850/F1K評価ボード《S810-CLG5-F1K》の製品情報ページはこちらをご覧ください。

 

CXPI通信波形デモ

S810-CXG4

次世代通信規格CXPIによるRL78/F14搭載評価ボードのマスター、スレーブ間通信波形デモを行います。
バス上の波形(符号化波形)とRxD上の波形(復号化波形)をオシロにて計測します。

CXPI評価ボード《S810-CXG4》の製品情報ページはこちらをご覧ください。

 

Smart-HILS 低価格モータHILSによる新検証提案

Smart-HILS

標準的なモータ・周辺回路のシミュレーション機能モデルをビルトインした《Smart-HILS》を出展します。モータ(永久磁石同期モータ)、インバータ、角度センサ、電流センサ、DC-DCコンバータ(昇圧) をモデル化して実装し、モータ制御ソフトウェアの評価環境として卓上でご利用頂けます。従来製品と比較して驚きの低価格、小型化を実現したモータHILSでお客様のソフトウェア開発における様々な制約・課題を解決します。

Smart-HILSの製品情報ページはこちらをご覧ください。