面接

面接が苦手という方に!

「面接が苦手で困っています」という話をよく聞きます。

面接は、自分をよく見せたいと考えるあまり、普段にない自分を出そうとして緊張したりします。
面接が始まると、頭の中は真っ白で、何を言ったのか、何を質問されたのかも覚えていない。
何度、シミュレーションしても訓練しても、なかなか上手に自分の思いを言葉に出来ないものです。
これほどまでにストレスのたまる環境は無いですね。

サニー技研においても、面接試験は有ります。
しかし、他社と大きく違うところは、原則的に「集団面接方式」を採用していません。
というのも、個々の個性とプライバシーを尊重したいからに他なりません。
それに、隣の人が言った事と重複せずに答えようとか考える事自体、重圧ですからね。

また、いきなりの質疑応答形式でなく、自己PRなどから語っていただき、場の慣れを感じていただきます。
つまってもかんでも構いません。

自己PRする点は、学校の研究課題や学生時代、アルバイトのエピソード、サークル活動、趣味特技に走りがちですが、以下のようなことを中心にまとめて頂けると良いです。
・会社に入ってから自分がしたい事
・自分の応募動機
・長所を述べる時は、同時に短所も述べて裏付けるエピソードも話す

要は、面接官が聴きそうな事を、前もって自己PRで話してしまうのです。
質問されると緊張するので、それを防ぐ。
これが、面接を成功させるポイントです。