LIN 1.3対応 S810-LSLib FAQ

S810-LSLib FAQ

Frequently Asked Question(よくいただくご質問)、現在判明している問題です。


Q1: 現在 《S810-LSLib》シリーズには、どのようなものがありますか?

Q2: 《S810-LSLib》を組み込んだプログラムが動作しないのですが。

Q3: MasterからのHeaderを受信できません。

Q4: レスポンスの送信ができません。

Q5: オーバーライトエラーが発生した際、LIN Bufferの内容は上書きされるのですか?

Q6: オーバーライトエラーが発生した際、エラーフラグは立つのですか?

Q7: エラーフラグが重複することはありますか?

Q8: Wakeupの再送機能はありますか?

Q9: コンパイラ NC30WAエントリー版は使用できますか?



Q1: 現在 《S810-LSLib》シリーズには、どのようなものがありますか?

A1:現在の《S810-LSLib》シリーズにつきましては、 こちら にてご確認ください。
今後の新品種への対応状況についてもホームページにてご案内してまいります。



Q2: 《S810-LSLib》を組み込んだプログラムが動作しないのですが。

A2:以下のことを確認してください。

  • LINドライバは正しく接続されていますか?
  • LINトランシーバのTx,Rxが、MCUのTxD,RxDと正しく接続されていますか?
  • LINバスは12Vとなっていますか?
  • 使用する発振子(セラミック,RC,リング)に合わせた設定をおこなっていますか?
  • RAM領域はオーバーしていませんか?
  • sect30.incにおいて、使用しているメモリ領域が重複していませんか?
  • sect30.incにおいて設定したUART,タイマのベクタテーブル番地は正しいですか?
  • LINライブラリにて使用するUART,タイマがユーザプログラムで使用するUART,タイマと重複していませんか?
  • mainプログラムの初めにl_sys_init , l_ifc_initを呼び出していますか?
  • ユーザプログラムの割込み禁止時間が1bitタイムを超えていませんか?
    1bitタイムを超える場合、割り込み許可フラグ(Iフラグ)を”1”(割り込み許可)に設定するようにしてください。

Q3: MasterからのHeaderを受信できません。

A3: 以下のことを確認してください。

  • Masterは正しく接続されていますか?
  • 接続されたMasterと同じ通信ボーレートに設定していますか?
  • sect30.incにおいて、設定したUART受信割込みベクタテーブル番地は正しいですか?
  • 設定したUARTがユーザプログラムで使用しているUARTと重複していませんか?

Q4: レスポンスの送信ができません。

A4: 以下のことを確認してください。

  • sect30.incにおいて、設定したUART送信割込みベクタテーブル番地は正しいですか?
  • 設定したUARTがユーザプログラムで使用しているUARTと重複していませんか?
  • Master側から受信処理実行要求が出されていますか?
  • Masterから送られてきたHeaderのIDは、自IDと一致していますか?

Q5: オーバーライトエラーが発生した際、LIN Bufferの内容は上書きされるのですか?

A5: いいえ。オーバーライトエラー発生時はLIN Bufferの内容は上書きされません。



Q6: オーバーライトエラーが発生した際、エラーフラグは立つのですか?

A6: いいえ。オーバーライトは他のエラーとは独立しているため、エラーフラグは立ちません。



Q7: エラーフラグが重複することはありますか?

A7: はい。エラーが重複していれば、エラーフラグも重複します。



Q8: Wakeupの再送機能はありますか?

A8: はい。API : l_wakeup()により、Wakeupを3回まで再送信します。
さらに再送信をおこないたい場合は、l_sleep()を実行し、Slaveライブラリの状態をSleepにした後、再びl_wakeup()を実行することで、Wakeupの再送信が可能です。



Q9: コンパイラ NC30WAエントリー版は使用できますか?

A9: 製品比較表の対応コンパイラ・アセンブラにて動作検証を行っております。
記載しているコンパイラ・アセンブラと異なる場合は、お客様にて動作検証をお願いいたします。
なお、ルネサス エレクトロニクス製コンパイラのエントリー版には対応しておりません。