評価基板

サニー技研の評価基板は、車載組込み開発者のニーズに応えるCAN/LIN評価基板を中心に、学習・導入用として、応用アプリケーション開発用として、最適な環境をご提供いたします。 次世代車載LAN通信のCAN FDとCXPIに対応した基板も新たにラインナップに加わりました。

 

CAN FDソリューション

CAN FD評価ボード《S810-TPF-FD121》

S810-TPF-FD121_logo

次世代車載LAN通信規格のCAN FD通信の評価に最適化した評価ボードです。
マイコン部およびCAN FDトランシーバ部は、取り替えが可能なDaughter Board構成になっており、様々なデバイスの試用に柔軟な対応が可能です。
車載ECU及び産業向けにCAN FD、CAN、LINの通信評価が可能なインターフェースを搭載しています。

ルネサスエレクトロニクス製RH850/F1K(176Pin)マイコンに対応しています。

詳しくは、CAN FD評価ボード《S810-TPF-FD121》 製品情報をご覧ください。

S810-TPF-FD121 Board

RH850-F1K評価ボード《S810-CLG5-F1K》

S810-CLG5-F1K_logo

ルネサスエレクトロニクス製RH850/F1K(100Pin)マイコンの評価に最適化したマイコン評価ボードです。
CAN FD(CAN)、LINの通信インターフェースのマイコン割り当てチャンネルをジャンパで切替え可能の他、RH850/F1Kマイコンの全ピンをスルーホールで引き出しており、柔軟性の高い基板構成を構築できます。
波形の観測や、お客様の環境により近い構成でのマイコン評価が可能な評価ボードです。

詳しくは、RH850-F1K評価ボード《S810-CLG5-F1K》 製品情報をご覧ください。

S810-CLG5-F1K Board

 

CXPIソリューション

CXPI評価ボード《S810-CXG4》

S810-CXG4_logo

次世代車載LAN規格のCXPI対応の評価ボードです。
CXPIの車載通信評価は勿論、CANも搭載しておりますので、CAN/CXPIのゲートウェイ評価も可能です。
マイコンは、ルネサスエレクトロニクス製RL78/F14を搭載しています。

詳しくは、CXPI評価ボード《S810-CXG4》 製品情報をご覧ください。

S810-CXG4 Board