車載通信プロトコル

車載通信プロトコル概要解説

 

車載通信

 

車載通信プロトコルとは、車載通信で使用される通信規格のことを指し、車載通信プロトコルにはそれぞれの特徴があります。
例えば、車載通信のデファクトスタンダード(標準規格)となっているCANは、通信速度が早く、信頼性が高いことからパワートレイン制御やシャシー制御、エンジンなどの動力装置の制御に使用されます。
一方CANほどの信頼性を必要としないドアミラー制御などのボディー系システムにおけるデファクトスタンダードとして普及しているLINは、CANと比較するとコストを大幅削減することが可能であり、センサやアクチュエータの制御に使用されます。
この様に自動車はそれぞれの用途や特徴に応じた通信プロトコルを使用し、複数の異なる通信プログラムは車載ネットワーク(車載LAN)で繋がることで、自動車全体で情報を共有、協調制御することによって高度な機能を実現しています。

下記より、現在主要として使われている車載通信プロトコルの概要解説ページをご覧いただけます。

 

株式会社サニー技研 > ソリューション > 車載通信プロトコル概要解説