株式会社サニー技研 > 製品情報 > MicroPecker製品情報 > MicroPecker アプリケーション開発ライブラリ > MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ

MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ

 

MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリとは

MicroPecker RAMモニタ制御ライブラリ

MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリは、ユーザー作成のWindowsアプリケーションからMicroPecker RAMモニタを制御するためのAPI群です。MicroPeckerを制御して、ターゲットマイコンからのRAMモニタやRAMの読み出し/書き換え、またはA/Dモニタ、A/Dデータの読み出しの機能をユーザー作成のWindowsアプリケーションに実装することが可能になります。MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリは、専用ページから無償でダウンロード可能です。

MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリは以下のご要望にお応えします。

  • RAMモニタのデータを使って自社内製の評価ツールと連携させたい
  • モータの回転指示値をRAMモニタし、実回転を評価するツールを作りたい
  • 動的な状態でのデバッグ、パラメータ適合検査ツールを作りたい
  •  

     

    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリの対応マイコンと必要なハードウェアは以下の通りです。

    対応マイコン 製品名 製品型名
    Renesas Electronics製
    R32C/100シリーズ
    MicroPecker ECU適合RAMモニタ for Highspeed Single Wire
    S810-MP-R1
    Renesas Electronics製
    SH7047, SH7050, SH7147, SH72Ax, SH7450
    MicroPecker ECU適合RAMモニタ for Highspeed Single Wire
    NSD◆AUD変換ユニット
    S810-MP-R1
    S810-MP-EX1
    Renesas Electronics製
    V850E2/Fx4, V850E2/PJ4, RH850/C1x, RH850/P1M, RH850/F1L
    MicroPecker ECU適合RAMモニタ for Highspeed Single Wire
    NSD◆N-Wire変換ユニット
    S810-MP-R1
    S810-MP-EX5
    A/Dデータ収集
    MicroPecker ECU適合RAMモニタ for Highspeed Single Wire
    A/Dデータ収集ユニット
    S810-MP-R1
    S810-MP-EX3

     

    対応デバイスリスト

    《S810-MP-SDK1》対応デバイスリスト:S810-MP-SDK1_devlist.pdf (146KB) [2018/11/1]
    ※対応デバイスリストはPDFファイルですので、ダウンロード後、Adobe Readerでご覧下さい。
    使用上の制限事項もあわせてご確認ください。

     

    MicroPecker RAMモニタの製品仕様は以下をご覧ください。

     

    RAM Monitorアプリケーション開発

    MicroPecker RAM Monitorアプリケーション開発ライブラリは、以下の制御が可能です。

    • MicroPeckerの接続/切断
      PCに接続されているMicroPeckerを認識、接続、切断することができます。
    • RAMのモニタリング
      MicroPeckerに接続されたターゲットからのRAMの値をモニタリングし、そのデータを収集することができます。
    • RAMの書き換え/読み出し
      MicroPeckerに接続されたターゲットへ任意のタイミングでRAM値の書き換え、読み出しができます。
    • A/Dデータのモニタリング
      MicroPeckerに接続されたターゲットからのA/Dデータ(電圧データ)をモニタリングし、そのデータを収集することができます。
    • A/Dデータの読み出し
      MicroPeckerに接続されたターゲットから任意のタイミングでA/Dデータ(電圧データ)の読み出しができます。

     

    ◆RAMのモニタリング

    本ライブラリのAPI呼び出しのシーケンスは以下の通りです。

    詳細情報は、下記の資料をご覧ください。
    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ検討資料

    製品ラインナップ

    無償ダウンロード

    MicroPecker アプリケーション開発ライブラリは、MicroPeckerユーザ向けに無償でダウンロードが可能です。
    但し、MicroPeckerアプリケーション開発ライブラリに対しての問い合わせ対応は一切含まれません。
    ユーザからの問い合わせ対応については、別途有償のサポートパックお申込みが必要になります。

    製品型名 製品名
    S810-MP-SDK1N MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ[*1]
    [*1]:ご利用には、MicroPecker RAM Monitor for Highspeed Single Wire《S810-MP-R1》が必要です。

     

    MicroPecker アプリケーション開発ライブラリ サポートパック

    MicroPecker アプリケーション開発ライブラリのユーザアプリケーションへの組込み、問い合わせサポート対応は別途有償サポートとなります。

    ◆サポート内容

    • 登録日から1年間の年間サポート
    • 最大12件(合計20時間まで)の問い合わせに対応します。
    • 電話又は、メールによる組込み方法に関する問合せサポートを致します。
    • 問合せサポートに関しては、1週間以内の回答を目途とします。
      ※緊急対応は含まれておりません。
    • MicroPeckerアプリケーション開発ライブラリのユーザアプリケーションに合わせたカスタマイズ作業は含まれておりません。

    MicroPecker アプリケーション開発ライブラリの年間サポートをご希望の方は、下記の製品型名でお知らせください。

    製品型名 製品名
    S810-MP-SDK-SPT MicroPecker アプリケーション開発ライブラリ サポートパック

     

    開発環境

    開発言語 Cインターフェイスを利用できるいずれかの言語
    Microsoft Visual C++ (Ver.6.0以降)、Embarcadero C++ Builder (Ver.7以降)
    PC Microsoft Windowsが動作するIBM PC/AT互換機
    対応OS Microsoft Windows 10/8.1/7/Vista/XP[*1][*2]
    CPU Celeron 1.6GHz 以上を推奨
    ハードディスク 10Mbyte 以上の空き容量
    メモリ 1Gbyte 以上を推奨
    USBポート USB2.0 搭載(Hi-Speed)
    画面解像度 1024×768 以上を推奨
    [*1]:32ビットアプリケーションのみ開発可能です。また、64ビット版OSでは、32ビットアプリケーションとして動作します。
    [*2]:Windows 7 のXPモードなど、仮想環境での動作は非対応です。

     

    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ応用事例

    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリを使って以下のアプリケーション開発が可能です。

    内製評価ツールとの連携

    ◆ユーザの困り事

    自社で内製したECU評価ツールが既にあるが、マイコンのRAMデータを参照した評価機能を追加したい。

    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ応用事例

    内製評価ツールにMicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリを組込み、RAMモニタ機能を追加。RAMデータによる評価機能を追加できた。

    RAMモニタユーザ事例

    簡易適合ツール

    ◆ユーザの困り事

    ECUを動作させながら設定パラメータを変更できるツールを作りたい。

    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリ応用事例

    MicroPecker RAM Monitor アプリケーション開発ライブラリのRAM書き換えの機能を使って、ECUの設定パラメータを書き換え。

    RAMモニタユーザ事例