株式会社サニー技研 > 製品情報 > MicroPeckerX CAN FDアナライザ製品情報 > MicroPeckerX インターフェースモデル《S810-MX-HW1》製品情報

MicroPeckerX インターフェースモデル《S810-MX-HW1》製品情報

MPXインターフェースモデル

MicroPeckerX本体に通信モニタ機能のみを付与した簡易モデルです。
フルライセンスのセット品と比較すると1/2の価格で導入が可能です。

MicroPeckerXをユーザ作成アプリケーションと組み合わせたカスタムツールとしてのご使用や通信バスモニタのみの用途でのご使用に最適です。

 

MPXインターフェースモデル

MicroPeckerXインターフェースモデルとは

MicroPeckerXインターフェースモデルは、従来のMicroPeckerX CAN-FD Analyzerをハードとソフトに分離して、
MicroPeckerX本体をCAN通信/CAN FD通信のインターフェース用機器としてユーザが選択できるようになったモデルです。

MicroPeckerXは標準GUIの機能を全て使えるフルライセンスモデルの他にユーザ向けサービスを展開しています。

MicroPeckerXアプリケーション開発ライブラリでは、Windows版の他、Linux版を追加。
さらにMicroPeckerX用Linux SocketCANドライバを活用して、LinuxアプリケーションからのCAN通信/CAN FD通信の利用が可能になりました。

このような製品展開から、MicroPeckerX CAN-FD Analyzer付属の標準GUIアプリケーションが不要なユーザ向けに
MicroPeckerX本体を単体でご購入できるプランがMicroPeckerX インターフェースモデル《S810-MX-HW1》になります。

また、CAN通信/CAN FD通信のバスモニタリングの機能が利用できるモデルになっていますので、ノードシミュレーション等の高度な機能が不要なユーザにとっても導入がしやすくなりました。

フルライセンスモデルと比較して導入コストは1/2、ユーザの環境に合わせて製品をご検討いただけます。

 

製品特長

ユーザカスタマイズアプリケーションへインターフェース機器として活用

MicroPeckerX本体をCAN通信、CAN FD通信のインターフェース機器として活用するために、
ユーザがCAN通信、CAN FD通信を使ったアプリケーションを自由に開発できるライブラリや、
Linux環境で使用できるドライバやライブラリを無償でダウンロード提供しています。

MicroPeckerX CAN-FD Analyzer付属の標準GUIを使用しない独自の環境を構築するユーザには、ソフトとハードを分離したインターフェースモデルは導入しやすい価格設定になっています。

 

MicroPeckerXモニタライセンスが付属

MicroPeckerX CAN-FD Analyzerインターフェースモデルでは、標準GUIのモニタライセンスが付属しています。
モニタライセンスでは、CAN通信/CAN FD通信のモニタ、フィルタ機能に加えてログ機能が使用できます。

MPXモニタライセンス

 

フルライセンス版へのバージョンアップが可能

MicroPeckerX CAN-FD Analyzerソフトウェアライセンス《S810-MX-SW1》をご購入いただくことで、MicroPeckerX の標準GUIの機能をフルにご使用いただけるようになります。

CAN通信/CAN FD通信のノードシミュレーションや、メッセージの解析機能が追加されます。

MPXフルライセンスモデル

MicroPeckerX CAN-FD Analyzerフルライセンスモデル製品情報はこちら

 

製品仕様

MicroPeckerX本体仕様

◆接続インターフェース

名称 MicroPeckerX CAN-FD Analyzer
ホスト動作環境[*1] 対応OS[*2] Windows 10(64bit), Windows 8.1(64bit), Windows 7 SP1以降(32bit/64bit)
ホストインターフェイス USB 2.0 High Speed(480Mbps)
電源 USB Bus Power(5V、300mA)
寸法[*3] 65(W)×35(D)×16(H)mm
重量 45g
[*1]:省電力機能を持つPCの場合は、本製品使用中にPCのスリープ、HDDの停止、CPUクロックの低下が発生しないように
   設定して下さい。
[*2]:仮想環境での動作は未サポートです。
[*3]:寸法には、接続端子の突起部は含まれておりません。

MicroPeckerX 本体・Dsub端子詳細

dsub-detail-mpx

Pin Function
1 CAN Lo(CH1)
2 CAN Lo(CH0)
3 GND
4 Not Connected
5 Not Connected
6 GND
7 CAN Hi(CH0)
8 CAN Hi(CH1)
9 Not Connected

 

機能仕様(モニタライセンス)

CAN / CAN FDインターフェース 2ch
対応チャンネル数 2ch/1台、最大8ch(本体4台)までの同時接続可能
マルチチャンネル同期機能 モニタタイムスタンプ同期 最大8ch(本体4台)間のモニタデータ時刻同期
通信設定 プロトコル CAN / CAN FD 選択可能
通信ボーレート:アービトレーションフェーズ 簡易設定では、以下の4種類が選択可能
125kbps / 250kbps / 500kbps / 1Mbps
詳細設定では、プリスケーラや各セグメントの設定により、フレキシブルな設定が可能
通信ボーレート:データフェーズ 簡易設定では、以下の6種類が選択可能
125kbps / 250kbps / 500kbps / 1Mbps / 2Mbps / 5Mbps
詳細設定では、プリスケーラや各セグメントの設定により、フレキシブルな設定が可能
モニタ機能 タイムスタンプ分解 1μs
ロギング可能容量 ロギング先のディスクの容量に依存
トリガモード フリーラン、開始トリガ、終了トリガ
トリガ条件 指定ログ検出、キー入力
ロギング出力先 ファイル、ハードディスク内
ロギング書式 テキスト形式(CSV)、16進数出力

 

製品ラインナップ

製品名 製品型番 製品形態 付属品
MicroPeckerX インターフェースモデル S810-MX-HW1 ハードウェア ・MicroPeckerX本体
・モニタライセンス
MicroPeckerX CAN-FD Analyzerソフトウェアライセンス S810-MX-SW1 ソフトウェア ・標準GUIソフトウェアのフルライセンス
MicroPeckerX CAN-FD Analyzer CB1 Package S810-MX-FD1-A セット製品 ・MicroPeckerX本体
・CAN 1CH クリップケーブル
・標準GUIソフトウェアフルライセンス
MicroPeckerX CAN-FD Analyzer CB2 Package S810-MX-FD1-B セット製品 ・MicroPeckerX本体
・CAN 2CH Dsubケーブル
・標準GUIソフトウェアフルライセンス
MicroPeckerXメッセージ認証機能プラグイン年間ライセンス S810-MX-PM1-Y 有償プラグイン ・メッセージ認証機能プラグインライセンス
MicroPeckerXメッセージ認証機能プラグイン永久ライセンス S810-MX-PM1-E 有償プラグイン ・メッセージ認証機能プラグインライセンス
MicroPeckerX CAN-FDアプリケーション開発ライブラリ S810-MX-ADL1N Windows版 制御API群 無償ダウンロード
MicroPeckerX CAN-FDアプリケーション開発ライブラリ for Linux S810-MX-ADL1L Linux版 制御API群 無償ダウンロード
MicroPeckerX SocketCAN Driver S810-MX-SKTCD MicroPeckerX用SocketCANドライバ 無償ダウンロード
CAN 1CHクリップケーブル S810-MX-CB1 付属品 ICクリップケーブル
CAN 2CH Dsubケーブル S810-MX-CB2 付属品 2CH分岐Dsubケーブル