株式会社サニー技研 > ニュース リリース > ニュースリリース 2020 > ASIFスキルアップセミナー「RH850/U2AでのHyperVisorデモ実演」のお知らせ
ASIFスキルアップセミナー「RH850/U2AでのHyperVisorデモ実演」のお知らせ

2020年10月27日に開催される「2020年度第2回ASIFスキルアップセミナー」において、「異なったASILが混在しても安全なアプリケーション実装を実現!RH850/U2Aを使ったHyperVisorの実力を体験する」と題したデモ実演を行います。

名称 2020年度第2回ASIFスキルアップセミナー
セミナーテーマ 「車載制御組込システム向けの仮想化技術の動向と活用について」
日時 2020年10月27日(火)14:00~17:15(ミーティング参加可能時間:13:40~)
会場 オンライン開催(Zoomミーティングで行います)
デモ実演テーマ 異なったASILが混在しても安全なアプリケーション実装を実現!
RH850/U2Aを使ったHyperVisorの実力を体験する。
講演者 株式会社サニー技研 車載事業部 車載技術部 古田 浩司
主催 車載組込みシステムフォーラム(ASIF)

 

セミナー概要

車載システム開発において注目されている、仮想化技術の動向や基礎について説明し、仮想化のためのハードウェア・ソフトウェアの現状について解説します。
また、ハイパーバイザー、マルチコアについて、ソフトウェアやハードウェアがどの様に独立して動作しているかをデモ動画を通して解説します。

プログラム

14:00~14:05 開催ご挨拶
14:05~15:35(90分) 「仮想化技術の基礎と車載システム向け仮想化技術の動向」
南山大学 理工学部 教授 本田 晋也 様
車載システムに対する仮想化技術の開発が活発化している。
本講演では、仮想化技術の基礎について説明し、車載システム向けの仮想化のためのハードウェア及び、ソフトウェアについての現状について解説する。
15:35~15:50(15分) 「異なったASILが混在しても安全なアプリケーション実装を実現!RH850/U2Aを使ったHyperVisorの実力を体験する。」
株式会社サニー技研 車載事業部 車載技術部 古田 浩司
RH850/U2Aに、南山大学 本田先生のHyperVisorを組込み、2つのVMのアプリから、1つのCANコントローラをシェアするデモを行います。
15:50~16:05(15分) 休憩
16:05~17:15(70分) 「ASILとQMソフトウェアの混在のための各種手法の比較」
南山大学 理工学部 教授 本田 晋也 様
ECU統合の実現やECUの開発コストを下げるためには、ASILソフトウェアとQMソフトウェアを混在して実行する必要がある。
本講演では、混在を実現するための各種手法である、保護機能付きRTOS、パーティショニングRTOS、ハイパーバイザー、マルチコアについて説明し、それぞれのメリット・デメリットについて説明する。

 

本セミナーのお申し込みの締切りは、2020年10月19日となります。
(先着順にて受け付け、期限前でも定員(300名)になり次第、締め切りとなります。)

本セミナーおよび車載組込みシステムフォーラム(ASIF)については、下記のホームページをご参照ください。
http://www.as-if.jp/index.html