株式会社サニー技研 > 組込み総合技術展 Embedded Technology 2011出展報告
組込み総合技術展 Embedded Technology 2011出展報告

組込み総合技術展Embedded Technology 2011(ET2011)が2011年11月16日(水)~18日(金)までパシフィコ横浜で開催されました。

この展示会にサニー技研もTOPPERS/SESSAMEパビリオンから出展しましたので、その様子をご報告いたします。

 

ET2011

【会期】2011年11月16日(水)~18日(金)
【会場】パシフィコ横浜
【主催】(社)組込みシステム技術協会
公式HP:http://www.jasa.or.jp/et/ET2011/index.html

TOPPERS/SESSAMEパビリオン
【ブース番号】F-16

 

TOPPERS/SESSAMEパビリオンブースに出展

ET2011_view ET2011_sny
ET2011_sfwv3

組込み向けリアルタイムOS、ソフトウェアのオープンソース活動を行ってるTOPPERSの一員として、サニー技研もET2011へ出展しました。
サニー技研のブースでは、外販製品の最新の成果を中心に展示しました。

ライタ製品ではS550-SFWv3の4台ギャング書込みデモを展示。
基板がずらりと並んだライタ展示に興味を示される方も多く、小型軽量で最大10台までのギャング書込みに対応したS550-SFWv3をご説明しました。

 

モーター制御用マイコンSH72AY搭載基板に注目を集める!

ET2011_moter

今回初出展のモーター制御用マイコン基板《S810-MGS》(*1)は、モーター制御用ルネサスエレクトロニクス製マイコンSH72AYをいち早く搭載し、レゾルバ付きDCブラシレスモーター制御に最適な基板です。

S810-MGSとMicroPeckerと組み合わせた実演デモでは、MicroPeckerのCANアナライザ、RAMモニタを活用しました。
タブレットPCのGUIからCAN通信によるモーター制御指示を送り、その指示を受けて基板がモーターの回転方向、回転数を制御。さらにRAMモニタが、モーター回転指示値と実回転数を読み取り、グラフに表示するなど効果的にMicroPeckerの機能も紹介しました。

さらに、キャッツ株式会社様のモデルベース開発ツール「ZIPC」とMicroPeckerの連携デモも展示。
モーター制御状態をZIPCの状態遷移表へリアルタイムに表示することで、設計からデバッグまでの効果的なモデルベース開発の姿を提案しました。

*1:開発中の製品になります。

ET2011_MGBoard

 

TOPPERS中国の活動報告に、弊社社員が中国語でプレゼンテーション!

ET2011_toppers

「TOPPERS中国の活動紹介」と題して、車載課 楊とMCU応用技術課 姜がTOPPERSブースでプレゼンテーションを行いました。
TOPPERSの中国での活動内容を中国語でスピーチした後、日本語でスピーチするバイリンガルなプレゼンテーションです。
TOPPERSの国際的な活動を来場者にアピールした内容になりました。

 

お問い合わせ

弊社展示品に対するお問い合わせはこちらよりお願い申し上げます。

※他社製品名は各社の商標もしくは登録商標です。