株式会社サニー技研 > 組込み総合技術展 Embedded Technology 2012出展のご報告
組込み総合技術展 Embedded Technology 2012出展のご報告

組込み総合技術展Embedded Technology 2012(ET2012)が2012年11月14日(水)~16日(金)までパシフィコ横浜で開催されました。

この展示会にサニー技研もTOPPERS/SESSAMEパビリオンから出展しましたので、その様子をご報告いたします。

 

ET2012
【会期】2012年11月14日(水)~16日(金)
【会場】パシフィコ横浜
【主催】(社)組込みシステム技術協会
公式HP:http://www1.jasa.or.jp/et/ET2012/index.html
【ブース番号】F-31(TOPPERS/SESSAMEパビリオン)

 

TOPPERS/SESSAMEパビリオンブースに出展

ET2012_1 ET2012_2
ET2012_3

組込み向けリアルタイムOS、ソフトウェアのオープンソース活動を行ってるTOPPERSの一員として、サニー技研もET2012へ出展しました。

サニー技研の今年の出展テーマは、TOPPERS CANミドルウェアを使用した、CAN通信による「発音制御」と「モータ制御」です。

初出展のサウンドマネジメント&キャリブレーションツール《SoundPecker》と、モータ制御マイコン評価基板《S810-MGS》を組み合わせて、発音とモータ回転制御の動態デモを展示しました。

 

ディペンダブルロボット車両を展示!

ET2011_4

独立行政法人産業技術総合研究所殿が研究中のディペンダブルロボット車両(高信頼性電動車イス)をお借りして今回展示しました。

IEC61508 SIL3を想定し、異常動作時に確実に車両を停止させるための冗長構成や安全機構を備えた電動車イスになります。

左右の車輪は相互に状態を常に監視し、異常時に動力ラインを遮断する仕組みの他に、レーザセンサや接触センサによる対物接近・接触による自動減速、停止機能や自己診断機能を搭載しています。

この左右の車輪制御用にサニー技研のモータ評価基板《S810-MGS》が2枚搭載されていることから、サニー技研の評価基板の活用事例として来場者にご紹介しました。

ET2012_MGBoard

 

「モータ制御と発音制御」をテーマにTOPPERSブースでプレゼンテーション!

ET2011_toppers

「モータ制御と発音制御」と題して、製品企画課 米田と安室がTOPPERSブースでプレゼンテーションを行いました。

ディペンダブルロボット車両の紹介、モータ評価基板《S810-MGS》、《SoundPecker》の特長を丁寧に来場者へご紹介しました。

 

お問い合わせ

弊社展示品に対するお問い合わせはこちらよりお願い申し上げます。

※他社製品名は各社の商標もしくは登録商標です。