S810-CLG2 製品情報

CLG2logo   S810-CLG2

CAN通信、LIN通信を手軽に評価できる《M16C/6N CAN/LIN Gateway》新登場。

《M16C/6N CAN/LIN Gateway》は、CAN/LINゲートウェイ基板、コンパイラ、デバッガ、LIN評価プログラムなどをセットにしたCAN通信、LIN通信の評価セットです。


CAN通信、LIN通信の評価に最適

CANトランシーバとLINドライバを搭載していますので、CAN評価システムやLINマスター評価システムの製作、評価に最適です。

 

充実したハードウェア

  • ルネサス エレクトロニクス製フラッシュメモリ内蔵マイコン M16C/6N4(M306N4FGTFP)を搭載しています。
    付属のフラッシュメモリ書込みソフト(ルネサス エレクトロニクス製 Flash Starter)で、お客様のプログラムをCAN/LINゲートウェイ 基板上のM16C/6N4内蔵フラッシュメモリへ書き込んで動作させることができます。
  • ISO11898対応CANトランシーバ(PHILIPS社製PCA82C250T)を搭載し、CAN接続端子からCANバスに接続することができます。
  • LINドライバを搭載し、LIN接続端子からLINバスに接続することができます。
  • 8ビットの汎用ディップスイッチ、汎用LED×8、INT割り込みスイッチ×2を搭載しています。
  • 拡張ポートエリアや汎用ユニバーサルエリアを使用して、お客様独自の回路を構成することができます。

充実した開発環境

  • 製品パッケージには、C コンパイラ/アセンブラ(ルネサス エレクトロニクス製 NC30WAエントリー版)、リモートデバッガ(ルネサス エレクトロニクス製 KD30)、フラッシュメモリ書込みソフト(ルネサス エレクトロニクス製 Flash Starter)などのソフトウェアツールが同梱されていますので、ご購入後すぐにアプリケーションプログラムの開発およびデバッグができます。
  • フラッシュメモリ書込みソフト(ルネサス エレクトロニクス製 Flash Starter)で、お客様のプログラムをCAN/LINゲートウェイ基板上のM16C/6N4内蔵フラッシュメモリへ書き込んで動作させることができます。

《S810-CLG-EXC1》と組み合わせることにより、 2chのCAN通信が実現可能!

CAN/LINゲートウェイ基板《S810-CLG2》の拡張ポートエリアを使用し S810-CLG用ISO11898ケーブル《S810-CLG-EXC1》(別売)を接続することにより、2chのCAN評価システムを構築できます。

※詳しい製品情報はPDF製品案内をご覧ください。

 

FAQ

Frequently Asked Question(よくいただくご質問)です。

こちら(S810-CLG2 FAQ)をご覧ください。

 

仕様

S810-CLG2の製品モデル仕様一覧表です。

製品型名 S810-CLG2
外形寸法 (W) 100 × (D) 75 × (H) 13 (mm)
基板裏(足部)約8mm
消費電力 12V 最大600mA
搭載MCU M306N4FGTFP
発振子 16MHz(セラミック)
ISO-11898対応CANトランシーバ 1ch(Philips製 PCA82C250T)
LINトランシーバ 1ch(ISO 9141 準拠)
CAN同時通信チャンネル数 2ch
別途S810-CLG-EXC1が必要です。
パソコンとのI/F 10ピンシリアルインターフェース
基板電源 DC12V(外部供給)
主な
製品構成
CAN/LINゲートウェイ基板 1枚
PC接続ケーブル RS232C 1本(10ピンシリアルコネクタ用)
ACアダプタ 1個
ソフトウェア Cコンパイラ/デバッガ(NC30WAエントリー版)
リモートデバッガ(KD30)
フラッシュ書き込みソフト(FlashStarter)
ドキュメント 取扱説明書
基板回路図

MasterEXP

●他社製品名は各社の商標もしくは登録商標です。

●改良などの為、予告なく掲載事項を変更させて頂く場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

 

製品案内ダウンロード

《S810-CLG2》製品案内:LB1403.pdf(597KB) [2014/3/24]

 

ご購入、お問合わせ

製品のご購入・製品に関するご質問お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

発注型名:S810-CLG2
税抜価格: \90,000