株式会社サニー技研 > 製品情報 > CANツール > Routing File Generator製品情報

Routing File Generator製品情報

ゲートウェイシステムで、各ユニットの受信メッセージをテーブル検索でルーティングするためのソースコードを生成します。

特長

Routing File Generatorとは、ルネサス製CANマイコン・M16C/6Nを使用したゲートウェイシステムで、 各ユニットの受信メッセージをテーブル検索でルーティングするためのソースコードを生成するツールです。

Routing File Generatorの利点は...

  • Routing Fle Generatorが生成したソースコードを使用することにより、ユーザーが作成する受信メッセージのルーティングを判定するプログラムを簡素化できます。
  • ゲートウェイシステムで、ルーティングするメッセージ管理を、Routing File Generatorですることにより、ゲートウェイシステムの変更が容易になります。

また、本製品は次のような特徴をもっています。

  • M16C/6N0が持つCAN0,CAN1ポートからのソースに対して、デスティネーションとしてルーティング先を複数指定可能です。
  • ソース入力条件としてSID及びDATAフィールドの任意の2バイトまでを設定可能です。
  • 入力すべきSID及びDATAを任意に定義し、それぞれどこにルーティングするかを各々のデスティネーションについて設定可能です。またSIDについてはシンボル登録も可能です。
  • 自動生成されるのはルーティング判定処理(C言語ソースファイル)と判定処理が参照するテーブル(C言語ヘッダファイル)です。
  • CANから受信されたSID及びDATAを引数に、生成関数を呼び出すと、結果としてルーティングの有無を8ビットまたは16ビットの結果として得ることができます。
  • 生成処理は各ソース、デスティネーション毎又は各ソースと全デスティネーションで判定するどちらかを選択して生成可能です。
  • 生成するプログラムサイズやデータバイト数及び処理時間を自動計算する機能を有しています。
  • 生成されたファイルeストする機能を有します。
  • Windows95/98/2000上で実行可能なGUIアプリケーションです。

Routing File Generator


動作環境

本ソフトウェアは次の環境で動作致します。


項目 仕様
OS Windows95/98/2000
必要HDD容量 10Mbyte以上
画面仕様 800×600ドット以上
256色以上


また、CAN Configuration Toolで生成されるコードは、次の開発ツールに対応しております。

項目 仕様
Cコンパイラ ルネサスエレクトロニクス製
Cコンパイラ NC30 Ver.4.0以降


お試し版ダウンロード

Routing File Generatorのお試し版及び取り扱い説明書は以下からダウンロード可能です。

Routing File Generatorお試し版
rfg.exeVer.0.9 (1198KByte) [2000年10月1日]

ご提供するソフトウェアの使用に起因する障害、損害、第三者の権利の侵害に対し、株式会社サニー技研はその責任を一切負いません。
本内容を合意の上で、ご使用ください。


※インストール方法

本EXEファイルは自己解凍圧縮ファイルになっております。実行すると、Setupディレクトリがカレントディレクトリに生成されます。その中にSetup.exeが生成されますので、そのファイルを実行するとインストールが始まります。


※本製品について

CAN Configuration Toolは最初に起動をしてから30日間試用が可能です。

Routing File Generatorお試し版、取り扱い説明書
rfgman.pdf(401KByte) [2000年10月1日]


ご購入・お問合わせ

製品のご購入・製品に関するご質問お問い合わせはこちらまでお願いいたします。