LINツール

LIN通信とは

LIN(Local Interconnect Network)概要

LINとは、Local Interconnect Networkの略称で、車載ネットワークのコストダウンを図ることを目的に、欧州の自動車メーカ等(Audi AG, BMW AG, Daimler Chrysler AG, Motorola Inc, Volcano Communications Technologies AG, Volkswagen AG, Volvo Car Corporation)が提唱しているシリアル通信プロトコルです。

LINフレーム構成

LIN Frame

LINのメッセージにはヘッダとレスポンスの2種類があります。

    ヘッダ(Master出力)は次の3つのフィールドで構成されます
  • Synch Break :フレームの始まりを表す
  • Synch Field :各ノードの周波数誤差を調整する
  • Ident Field :ID、DLCとParityから構成される。スレーブのノード指定を意味する
  •  

      レスポンス(Master or Slave出力)は次の2つのフィールドで構成されます
  • Data :データの中身
    LIN1.3リビジョンでは、2、4、8バイトの3種類
    LIN2.0以降のリビジョンでは、0~8バイトの任意の長さが定義可能
  • Check Sum :エラー検知用のチェックサム。モジュロー256の計算式の演算結果を反転したもの
  •  

    その他LINプロトコルの詳細につきましてはこちらをご覧下さい。

    サニー技研のLINへの取り組み

    サニー技研では、2000年からLIN通信への取り組みをスタートしています。これまで、LINバスアナライザ、CAN/LIN評価ボード、 LIN通信を行うためのソフトウェアライブラリなどの製品開発を手がけてきました。 サニー技研のLINツールは、LIN対応製品の開発をトータルに支援していますので、多くのお客様に採用していただいております。 こうした製品開発の実績からサニー技研は、お客様のニーズに最適なソリューションをご提供します。

     

    LIN通信ソフトウェアソリューション

    LIN通信ソフトウェア 《CioRy 通信ミドルLINパッケージ》

    CioRy通信ミドルLINパッケージは、車載ECU向けに使用可能な組込み用LIN通信ソフトウェアです。
    LINドライバ、COM、NM(Network Management)を搭載しており、LINマスター、LINスレーブの両方の通信ソフトをご提供します。
    CioRy通信ミドルLINパッケージを利用することでLIN通信を使った高品質な組込みアプリケーションを短期間で開発が可能です。

    詳しくは、LIN通信ソフトウェア 《CioRy 通信ミドルLINパッケージ》製品情報をご覧ください

    CioRy-LIN_logo

     

    LIN通信アナライザツール

    MicroPecker LINバスアナライザ《S810-MP-A2》

    S810-MP-A2-logo

    MicroPecker LINバスアナライザは、LIN通信のモニタリング機能に加え、機能性を更に拡張したノードシミュレーション機能を備えたLINバスアナライザです。
    ノードシミュレーション機能はLIN通信ネットワークのマスターノードまたはスレーブノードを模擬したノードシミュレーションが可能で、LIN通信における様々なエラーシミュレートや詳細な条件設定でのLINフレーム送信機能など、LIN通信の評価に必要な機能に対応しています。

    詳しくは、MicroPecker LIN Analyzer 《S810-MP-A2》 製品情報をご覧ください

    MP-A2

     

    LIN通信ハードウェアソリューション

    CAN/LIN Gateway《S810-CLG3》

    S810-CLG3-logo

    M32C/85マイコンを搭載した《S810-CLG3-85》
    M16C/6NKマイコンを搭載した《S810-CLG3-6NK》
    2種類の CAN/LINゲートウェイ基板です。コンパイラ、デバッガ、サンプルプログラムなどが同梱されていますので、スターターキットとしても最適な評価ボードです。

    詳しい製品情報、製品案内のダウンロードは 《S810-CLG3》製品情報をご覧ください。

    FAQ(よくいただくご質問)は《S810-CLG3》FAQをご覧ください。

    S810-CLG3

     

    CAN/LIN Gateway《S810-CLG2》

    S810-CLG2-logo

    M16C/6Nマイコンを搭載したCAN/LINゲートウェイ基板です。CAN通信インターフェース1ch、LIN通信インターフェース1chを搭載しており、LIN評価プログラムなどを同梱したCAN通信、LIN通信の評価キットです。

    詳しい製品情報、製品案内のダウンロードは 《S810-CLG2》製品情報をご覧ください。

    FAQ(よくいただくご質問)は《S810-CLG2》FAQをご覧ください。

    S810-CLG2

     

    CAN/LIN Gateway 《S810-CLG/Tiny》

    S810-CLG-Tiny-logo

    R8C/Tinyシリーズマイコンを搭載した、CAN/LINゲートウェイ基板です。 CAN通信(高速)、LIN通信(マスター・スレーブ)が評価可能です。サンプルプログラムが同梱されていますので、スターターキットとしても最適な評価ボードです。

    詳しい製品情報、製品案内のダウンロードは 《S810-CLG-Tiny》製品情報をご覧ください。

    FAQ(よくいただくご質問)は《S810-CLG/Tiny》FAQをご覧ください。

    S810-CLG-Tiny