CAN FDツール

CAN FD通信とは

CAN FD(CAN with Flexible Data-Rate)概要

CAN FD(CAN with Flexible Data-Rate)通信とは、従来のCAN通信仕様を拡張した通信仕様です。
CAN FD通信は、CAN通信に比べて、大量のデータを高速で送受信することが可能になります。
データフィールドは最大64バイトに拡張され、通信ボーレートを1Mbps以上に高速化することが可能です。
CAN FDのデータフレームは、従来CANと同等のフィールド構成となっています。

CAN FD Frame Format

CAN FD Frame Format

従来のCAN通信では、データサイズは0~8byteまでのデータフィールドであるのに対して、
CAN FD通信では、0~8,12,16,20,24,32,48,64byteのデータを送ることが可能になります。 コントロールフィールドには、下記の3つのビットが追加されました。

  • FDF(FD Format):CANとCAN FDを区別するためのビット
  • BRS(Bit Rate Switch):ビットレートを変更するか判断するビット
  • ESI(Error State Indicator):ノードの状態を示すビット

CAN FD通信はフレームの全領域が高速化されるわけではありません。
フィールドの中のBRSがドミナントの場合、BRS以降のビットからCRCまでをハイビットレート化することで高速伝送を実現しています。
CAN通信に馴染みがあれば、CAN FD通信仕様の理解もしやすく、今後注目の車載通信プロトコルとなります。

CAN FD通信ソフトウェアソリューション

CioRy 通信ミドルCAN FDパッケージ

CioRy通信ミドルCAN FDパッケージは、ルネサスエレクトロニクス製RH850/F1Kマイコンに対応した車載ECU向けに使用可能な組込み用CAN FD通信ソフトウェアです。

CAN FDドライバ、COM、NM(Network Management)を搭載しており、CAN FD通信を使った高品質な組込みアプリケーションを短期間で開発することが可能です。

詳しくは、CAN FD通信ソフトウェア《CioRy 通信ミドルCAN FDパッケージ》 製品情報をご覧ください。

CioRy-CAN-FD_logo

CAN FD通信ハードウェアソリューション

CAN FD評価ボード《S810-TPF-FD121》

S810-TPF-FD121_logo

次世代車載LAN通信規格のCAN FD通信の評価に最適化した評価ボードです。
マイコン部およびCAN FDトランシーバ部は、取り替えが可能なDaughter Board構成になっており、様々なデバイスの試用に柔軟な対応が可能です。
車載ECU及び産業向けにCAN FD、CAN、LINの通信評価が可能なインターフェースを搭載しています。

ルネサスエレクトロニクス製RH850/F1K(176Pin)マイコンに対応しています。

詳しくは、CAN FD評価ボード《S810-TPF-FD121》 製品情報をご覧ください。

S810-TPF-FD121 Board

RH850-F1K評価ボード《S810-CLG5-F1K》

S810-CLG5-F1K_logo

ルネサスエレクトロニクス製RH850/F1K(100Pin)マイコンの評価に最適化したマイコン評価ボードです。
CAN FD(CAN)、LINの通信インターフェースのマイコン割り当てチャンネルをジャンパで切替え可能の他、RH850/F1Kマイコンの全ピンをスルーホールで引き出しており、柔軟性の高い基板構成を構築できます。
波形の観測や、お客様の環境により近い構成でのマイコン評価が可能な評価ボードです。

詳しくは、RH850-F1K評価ボード《S810-CLG5-F1K》 製品情報をご覧ください。

S810-CLG5-F1K Board